読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特定社労士「労働者代理人」の視点

大阪・梅田で「労働紛争解決(あっせん等裁判外紛争解決手続の労働者側代理など)」「就活」「転職」を支援するリクルートグループ出身の特定社会保険労務士が一筆啓上!すべての「働く人」に役立つ知識と知恵をご紹介します。

【「働く」に効く本①】内田樹『ひとりでは生きられないのも芸のうち』

f:id:obanasr:20140614175611p:plain

いつもお読み頂きありがとうございます。

沢山の方に読んで頂きたいので、

よろしければ、↓ をクリックをお願いします!


社会保険労務士 ブログランキングへ

 

このブログで【「働く」に効く本】と題して、不定期でたまに本のご紹介をしていこうと思います。

 

第一回目は、仏文学者・哲学者・武道家であり、『日本辺境論』の著者である内田樹さんのエッセイ。基本的に内田さんがまだ神戸女学院大学の教授であった頃の彼のブログを基にしたコンピレーション本です。私が内田本に惹きつけられるきっかけになった本ですが、本来の想定読者は私などよりもずっと若い20代~30代前半だと思います。しかし、それより上の年代が読んでも「ハッと」気付かされるというか、「目から鱗」の「他の人があまり言わないこと」満載です。これから大学生、社会人になるお子さんをお持ちの方にもお奨めできます。

 

別に「労働問題」だけにフォーカスがあたっているわけではありません。結婚や共同体の作法といった事柄についても様々に書かれていますが、働くモチベーションというのは結局そのあたりと繋がっているわけですから、読むと肩の力を抜きながらも、なんとなく元気になる。そんな気分にしてくれる本だと思います。

ひとりでは生きられないのも芸のうち (文春文庫)

ひとりでは生きられないのも芸のうち (文春文庫)

 

 

f:id:obanasr:20140614175611p:plain

 

よろしければ、↓ をクリックをお願いします!


社会保険労務士 ブログランキングへ